So-net無料ブログ作成

HDR-SR12 ハイプロファイルとメインプロファイルの違いは何?(Main Profile & High Profile) ソニスタ購入シミュレーション2008

Sony Card(ソニーファイナンス)

最近の我が家で気になるのが、
どうにもこうにもよくわからない
ハイプロファイルとメインプロファイルの違いです。

WEBの記事などでは、
2008年から発売される
ソニーの新しいハイビジョンハンディカムが
ハイプロファイルの記録方式を採用、
とよく出てきます。

HDR-SR12、HDR-SR11、HDR-UX20などですね。

記事を読んでいると
ハイプロファイルになると画質が良くなることは
なんとなくわかるのですが・・・

どうして?
従来のメインプロファイルと何が違うの?
そもそもプロファイルって何?

などなど、
わからないことばかりなの我が家です。

我が家ではこれ、
最初は解像度のことかなあと
誤解していました。

ハイプロファイルが1920×1080
メインプロファイルが1480×1080
なんて大きな勘違いです。

でもWEBをリサーチしているうちに、
そうではないということが
だんだんわかってきました。

それとともに、
ハイプロファイルって、
実はとてもスゴイのでは?
と感じるようになりました。

今回はそのあたりの
リサーチ結果をご紹介していきます。

ちなみにこのあたりの情報ってほとんどなくて、
我が家でものすごい勘違いをしていたりする可能性も
十分にありますが、皆様ご容赦を・・・

------------------------

ではまず、プロファイルって
そもそも何のこと?
から初めましょう。

従来のMPEG-2に変わる圧縮方式として、
最近は特に注目度が高いのが、
AVC/H.264ですね。

同じMPEG-4 AVC/H.264でも、
用途によって、いろいろな段階があるわけです。

どんな機能がついているか、
を段階的に分けた区分がプロファイルです。
(正確には、目的用途別に定義された機能の集合を表す用語)

まずは具体的に、
ハイプロファイルとメインプロファイル
からご紹介したほうが、
わかりやすいかなあと思います。

これがプロファイルを機能別に分類した表です。
上段を見ると、プロファイルには
現時点で7種類あることがわかります。
(2種類かと思っていた我が家です・・・)

①ベースラインプロファイル(Baseline Profile)
②メインプロファイル(Main Profile
③拡張プロファイル(Extended Profile)
④ハイプロファイル(High Profile)
⑤ハイ 10 プロファイル (High 10 Profile)
⑥ハイ 4:2:2 プロファイル (High 4:2:2 Profile)
⑦ハイ 4:4:4 プロファイル (High 4:4:4 Profile)


参照ページ:
http://en.wikipedia.org/wiki/H.264/MPEG-4_AVC#Profiles

今回のテーマである、
ハイプロファイルとメインプロファイル
にフォーカスしてみたのがこれです。

違いをハイライトしてみます。

この4項目が違いますね。
(なんだか物理の授業?のような難しい用語ばかり・・・)

*Monochrome Video Format (4:0:0)
 (YCbCr 4:0:0色空間(白黒画像))

*8x8 vs. 4x4 Transform Adaptivity
 (8×8画素整数変換)

*Quantization Scaling Matrices
 (量子化マトリックス)

*Separate Cb and Cr QP control

WEBの記事をいろいろ読んだ限りでは、
その中でもこの2つが、
画質向上の大きなポイントみたいです(たぶん)。

*8×8画素整数変換 
*量子化マトリックス

この2つについて、
我が家でとらえたイメージを
もう少しご紹介していきましょう。

ちなみに残りの2つは、
いまだに何のことなのか
よくわかりません・・・

------------------------

まずは
8×8画素整数変換 
から。

メインプロファイルの
ブロックサイズは4×4画素でした。


これは低解像度の動画の圧縮では
比較的好適な画質を示すのですが、
HDTVのような高解像度の動画においては
画質の再現性に弱いという問題点が指摘されていました。

------------------------

そこで 「8×8画素整数変換」 の登場です。

画質向上のために導入された
8×8サイズの整数変換では、
4×4変換と8×8変換を場面にあわせて
切り替えて使用することができます。

8×8

8×4

4×8

4×4


(ちなみにH.264の規格としては、16×16, 16×8, 8×16, 8×8の
4種類からも選択可能のようです)

4×4変換と8×8変換を場面にあわせて
切り替えできるため、
たとえばこんな画像では、

変化がない青空部分(赤枠)は8×8
人物などがごちゃごちゃしている部分(青枠)は
8×4、4×8、4×4を使いわけよう、
なんて処理になるわけです。

ちなみにあくまでイメージです。
実際には前後数枚のフレームを含めて、
超高度な演算を行っています。


------------------------
次に、
「量子化マトリックス」
に行きましょう。

「量子化マトリックス」とは
圧縮のビットレートを
個々のブロックサイズごとに
変更できることです(たぶん)。

メインプロファイルでは、
4×4の均一サイズのブロックで、
データの圧縮レートも均一でした。

青空のデータは少なめにして、
にぎやかな部分は多めにしよう、
なんて合理的な処理は、
できなかったわけです。

新しいハイプロファイルでは、

青空のブロックは変化がないから、
大きめのくくりにしてしてデータも少なめにしよう

にぎやかな部分は細かく区切って、
データも多く使えるようにしよう、

なんて処理を行えるわけです。

なんとなく、
ハイプロファイルとメインプロファイル、
違いがイメージできたでしょうか?

*4x4の狭いエリアで同じ圧縮率のメインプロファイル
*8x8までの広いエリアを柔軟に分割して、エリアごとに圧縮率をかえるハイプロファイル

なんてイメージで、我が家ではとらえています。
(細かいところは違っているかもしれませんが・・・)

------------------------

余談ですが、
ちなみにこのハイプロファイルの生みの親とも言えるのが
Panasonicです。

参考ページ:
高画質と新機能を創造する松下のBlu-ray研究拠点
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080118/phl.htm

ハリウッドのブルーレイディスクの
オーザリングにも使われている技術です。
メインプロファイルでは画質が要求を満たせずに、
ハイプロファイル登場となったわけです。

その技術を応用して、
民生用のハイビジョンビデオカメラや
ブルーレイレコーダーにも
以前から積極的にハイプロファイルを
採用していますね。

------------------------

さて、
ソニーの2008年のハイビジョンハンディカムでは、
このハイプロファイルに
サイバーショットでご存知の顔認識を融合させてきましたね。


顔認識で判別した人の顔の部分は、
細かいブロックで大きなデータ量に
してあげるのでしょう(たぶん)。


ということは、技術的に、
人の顔がもっともっとキレイに
残せるようになるわけです。

このハイプロファイル、
前述したように超高度な処理を
多数こなさなくてはいけません。

中途半端な仕上がりでは、
逆にメインプロファイルより劣ることにも
なりかねないわけです。

ソニー初のこのハイプロファイルの仕上がり具合、
とても楽しみな我が家です。

------------------------

1920×1080の解像度は、
このハイプロファイルの採用と
実は密接に関係しているのです。

というか、
ハイプロファイルになったから、
1920×1080の解像度も可能になった
と我が家では考えています。

ちなみに解像度は、レベルという定義、
解像度やフレームレート
で決められます。

レベル1 から レベル5.1 まで、
16段階が定義されています。

それぞれのレベルで、画面解像度やフレームレートの上限が決められているのです。
各パラメータの詳細は、以下URLの英語版で参照できます。
http://en.wikipedia.org/wiki/H.264/MPEG-4_AVC#Levels

------------------------

H.264に準拠する機器 は、
プロファイルとレベル、
この2つによって性能を
表示することが多いようです。

プロファイルとレベルは別物のため、
ハイプロファイルで1480×1080録画
も当然ありえます。

SR12、11では
最高画質のHFモードだけが1920×1080、
それ以外は1480×1080です。
プロファイルは全てハイプロファイルです。

------------------------

ちなみに
HDR-SR12(SR11、UX20)には、
他にも新機能が満載、見逃せません!

*“Exmor”の技術を採用した「クリアビッドCMOSセンサー」
*最大1020万画素の静止画記録
*新搭載の画像処理エンジン「BIONZ」
*動画撮影時でも「フォーカス」「明るさ」「肌色」を自動調整
*3.2型「エクストラファイン液晶」
*撮りたい瞬間に撮影を始められる「クイックオン」機能

などなど・・・

------------------------

最後に、HDR-SR12(SR11、UX20)の
ソニースタイルのお得な購入方法を利用した場合での、
購入価格シミュレーションをご紹介しておきます。

シミュレーションといっても、
このブログを読んでいただいている方ならご存知の通り、
シミュレーション通りの金額で実際に購入可能です。

ソニースタイルでのお得な購入の
基本的な流れですが、

*Sonyカード」のELIO決済利用!
*各種クーポン利用!
*特典利用!
*キャンペーン活用!

が基本です。

詳細な購入方法は
以下の記事でご紹介しています。

「ソニースタイルの本当にお得な活用方法!最新版」
http://blog.so-net.ne.jp/sonyandvaiofan/0000

------------------------

HDR-SR12
ソニースタイルでの販売予定価格は
168,000円です。

利用する特典他による減額計算をしてみると、
①15%AVディスカウントクーポン     -25200円
②ELIO決済3%              -4284円
③Sonyカードのポイント還元      -1385円
④キャンペーンのクーポン還元       -17000円

①~④の減額分を計算すると、
実質価格は   120,131円です。

------------------------

HDR-SR11
ソニースタイルでの販売予定価格は
148,000円です。

利用する特典他による減額計算をしてみると、
①15%AVディスカウントクーポン     -22200円
②ELIO決済3%              -3774円
③Sonyカードのポイント還元      -1220円
④キャンペーンのクーポン還元       -15000円

①~④の減額分を計算すると、
実質価格は   105,806円です。

ちなみに我が家が購入するなら、
これかなあ・・・

上位機種とのSR12とは
HDD容量(120GB→60GB)と本体カラー
だけの違いです。

------------------------

HDR-UX20
ソニースタイルでの販売予定価格は
128,000円です。

利用する特典他による減額計算をしてみると、
①15%AVディスカウントクーポン     -19200円
②ELIO決済3%              -3264円
③Sonyカードのポイント還元      -1055円
④キャンペーンのクーポン還元       -13000円

①~④の減額分を計算すると、
実質価格は   91,481円です。

我が家的には微妙な位置づけの
DVDにも焼けるハイブリッドタイプですが、
このお値段で1920×1080のハイプロファイル、
金額的にはお得だなあと思います。

Sonyカードのポイント還元の仕組みと方法は、
以下の記事をご参照くださいね。

MySonyCardポイント→ソニスタクーポン 変更方法!
http://blog.so-net.ne.jp/sonyandvaiofan/2006-04-21

------------------------

Sony Card(ソニーファイナンス)

まだ2月の半ばです。
4月初旬配布が予想される
次期15%AVディスカウントクーポンの入手、
まだまだ間に合います。

我が家のブログの新しい読者の方、
「ソニースタイルの本当にお得な活用方法!最新版」
http://blog.so-net.ne.jp/sonyandvaiofan/0000
を試されてはいかがでしょうか?

ソニー初のハイプロファイル、1920×1080録画の
HDR-SR12、SR11、UX20の
詳しい商品情報はソニースタイルで↓

ソニースタイルのHDR-SR11,12情報ページへ icon

Sony Style(ソニースタイル)


参考ページ
http://en.wikipedia.org/wiki/H.264/MPEG-4_AVC
http://ja.wikipedia.org/wiki/H.264
http://professionalmot.blog116.fc2.com/blog-entry-74.html
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200801/08-0117/

ITmedia +D LifeStyle:MPEG-4 AVC/H.264録画対応の普及型"ハイビジョンDIGA"
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0801/11/news037.html

ITmedia +D LifeStyle:H.264録画に対応した新「ブルーレイDIGA」を試す(前編) (2/3)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0711/16/news041_2.html

ITmedia +D LifeStyle:キヤノン、同社初のHDDビデオカメラ「iVIS HG10」
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0708/01/news053.html

ITmedia +D LifeStyle:次世代DVDの凄さ (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0707/31/news018.html

ITmedia +D LifeStyle:"ソニー対キヤノン"再び。AVCHDカメラの最新2機種を比較する(前編) (3/3)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0707/10/news093_3.html

ITmedia +D LifeStyle:"ソニー対キヤノン"再び。AVCHDカメラの最新2機種を比較する(前編) (2/3)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0707/10/news093_2.html

ITmedia +D LifeStyle:富士通、業界初のフルHD対応H.264エンコード/デコードチップ
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0705/21/news045.html

ITmedia +D LifeStyle:ハイビジョンビデオカメラ、今年の傾向
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0704/03/news021_4.html

ITmedia +D LifeStyle:HD映像を記録する「AVCHD」とはどんな技術か? (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0609/04/news008.html

SCE、PLAYSTATION 3でH.264のHigh Profileに対応http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070628/sce.htm (6,896 bytes)

高画質と新機能を創造する松下のBlu-ray研究拠点
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080118/phl.htm

西田宗千佳のRandomTracking
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071025/rt044.htm
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071116/rt047.htm

本田雅一のAV Trends
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070525/avt006.htm

ソニー、フルHD録画対応のHDD内蔵型AVCHDハンディカム
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080117/sony1.htm

小寺信良の週刊「Electric Zooma!」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070509/zooma305.htm
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071010/zooma326.htm
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070613/zooma310.htm

松下、SDカードにハイビジョン記録する世界最小AVCHDカメラ
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20061108/pana1.htm

本文章は、WEB、カタログ、マニュアルなどの情報に、
我が家の環境での使用感想を加えて作成しています。
最新情報、不明点、疑問点、操作方法、互換性などは、
必ずメーカーに直接ご確認くださいね。


nice!(6)  コメント(3) 

nice! 6

コメント 3

蔵三

何と!プロファイルって7つも有ったんですね!
「ベースラインプロファイル」
「メインプロファイル」
「ハイプロファイル」
自分は、この3つしか知りませんでした…(^_^;)
by 蔵三 (2008-02-17 01:32) 

あるまじろ

「残りの2つ」ですが,
*Monochrome Video Format (4:0:0)
「RGB(赤緑青)空間をYCbCr(輝度色差)空間に変換したときに色差信号値(CbCrに相当)を中心値にすることで、モノクロ処理をすることができます。RGBでも構わないのですが、情報量が少なくて済みます。」

*Separate Cb and Cr QP control
「YCbCr(輝度色差)空間でのCb,CrをそれぞれQP値を設定できることです.QPとは量子化係数のことで、値が大きいほど圧縮率が高くなります。」
by あるまじろ (2013-03-15 14:03) 

預言書

いつも お世話になっておりますm(__)m

預言書を発見しました、

見ていただけると光栄です。

日月地神示、大日月地神示、続 大日月地神示

http://kisu.me/Lk4

https://goo.gl/kaebxD

③このブログは途中から大日月地神示のより分け

http://ogy.de/09bp

http://ogy.de/gpyx

http://ogy.de/beg7

⑥日本にしかない!貴重な預言書 一覧

http://kisu.me/Sj9

⑦このブログで絶対に見てほしい!厳選動画

http://kisu.me/NuD

⑧【原因を作って、偽善者で現れる戦略】イスラム国とは何だったのか?

http://kisu.me/V8Y
by 預言書 (2019-06-19 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます